20日開幕のラグビーワールドカップ(W杯)の優勝トロフィー「ウェブ・エリス杯」が1日、小田原市内で展示された。地元で競技に励むスクールの小学生らが、黄金に輝く世界一の証しに見入った。

 前日に横浜や鎌倉市内でお披露目されたトロフィーが、自動車部品メーカー「ミクニ」の小田原事業所グラウンド(小田原市久野)にお目見えした。普段グラウンドで練習している小田原ラグビースクールの子どもたちに加え、招待された平塚、茅ケ崎、秦野各市のスクール生も合わせ、総勢約160人でトロフィーを取り囲んだ。

 小田原ラグビースクールのキャプテン・中島新太さん(市立酒匂小学校6年)は「トロフ...    
<記事全文を読む>