県は1日、31日に締め切った東京五輪の聖火リレーランナーの一般公募で、締め切り直前の14分間、ホームページ(HP)から応募を受け付けられなくなった、と発表した。受託業者が設定を誤ったのが原因で、少なくとも24人が応募できなかったという。

 県オリンピック・パラリンピック課によると、31日午後11時42分ごろから56分ごろまで、HP上の応募フォームを送信できない状態になった。

 締め切りに向け、受託業者が同11時半ごろから、HPの情報を更新していた際、誤って応募を受け付けられないように設定。応募者から「応募ができない」との内容の問い合わせが相次いだことで気付き、締...    
<記事全文を読む>