アイスホッケーアジアリーグは1日、釧路日本製紙ほかで2試合を行い、昨季限りで廃部となった日本製紙の後継チーム、ひがし北海道クレインズが日光に4―2で逆転勝ち。開幕2戦目で初白星を挙げた。0―1の第2ピリオドに同点に追いつき、さらにDF蓑島、FW重野のゴールでリードを奪った。王子は東北を6―0で破り2連勝。

...    
<記事全文を読む>