アジア初開催となるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の優勝トロフィー「ウェブ・エリス杯」が31日、県内で初めて一般公開された。9月20日の開幕まであと3週間、決勝の舞台となる横浜と国際観光地の鎌倉で歴史的大会の成功を願った。

 金箔(きんぱく)に覆われた純銀製で、優勝チームなどしか触れないとされる「神聖なトロフィー」(大会関係者)。6月から全国12カ所の開催都市を巡り、大会の盛り上げに向けてPRを重ねてきた。

 鎌倉市では同日午前7時半、高徳院の国宝・鎌倉大仏の前でセレモニーを実施。約300人が記念撮影するなどし、黄金色に輝くトロフィーに...    
<記事全文を読む>