日本と米国、台湾、チェコの4チームによるソフトボールのジャパンカップ国際女子大会2日目は31日、群馬県の高崎市ソフトボール場「宇津木スタジアム」で1次リーグ残り3試合を行い、日本は米国に2―8で敗れ、台湾に2―0で勝ち、通算2勝1敗の2位で決勝に進出した。上野由岐子(ビックカメラ高崎)は台湾戦の六回から登板、2回を1安打4三振で抑えた。大会最終日は1日、日本―米国の決勝と台湾―チェコの3位決定戦を行う。

 ▽1次リーグ
米 国
104 110 1―8
101 000 0―2
日 本
【米】カルダ、...    
<記事全文を読む>