能美市ふるさと振興公社の第2回九谷陶芸村リレーマラソン大会(北國新聞社後援)は28日、同市泉台町の同陶芸村で行われた。市九谷焼資料館から九谷焼モニュメントや県九谷焼技術研修所前を周回するコースで、町会や職場、友人などで編成した23チーム115人が楽しくたすきをつないだ。

 10キロのコースを2~10人でつなぐ1部と、2キロのコースを2~4人でつなぐ2部が設けられた。4年前の全日本競歩能美大会(本社共催)男子20キロで世界記録を樹立した鈴木雄介選手=同市出身=の10キロ通過タイム38分06秒、2キロ通過タイム7分32秒に挑み、通過記録を突破した12チームには認定証が贈られた。...    
<記事全文を読む>