陸上の全日本実業団対抗選手権第2日は21日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで行われ、女子の走り幅跳びは秦澄美鈴(シバタ工業、武庫川女大出)が6メートル38で初優勝を飾った。

 女子走り幅跳びは、日本選手権女王の秦(シバタ工業)が6本すべて6メートル超えの安定した跳躍で初優勝。笑顔で観客席に向かって手を振った。

...    
<記事全文を読む>