緒方勝徳杯第17回中学生クロスカントリー選手権大会(佐賀陸上競技協会・佐賀新聞社主催)が21日、鹿島市陸上競技場クロスカントリーコースであり、男子3キロ、女子2キロの学年別6部門で約200人が競った。3年男子は笠原大輔(多久東部)が9分27秒、同女子は橋本奏(塩田)が6分54秒で頂点に立った。

 2年男子は太田宗一郎(神埼)が9分59秒、同女子は中島遥音(多久東部)が7分8秒で制した。1年男子は山崎亮汰(武雄)が10分37秒、同女子は園田心胡(多久中央)が7分17秒で優勝した。

 開会式では佐賀陸上競技協会の白水克明副会長が「駅伝に向けて頑張る気持ちを持ち、楽しんで走ってほし...    
<記事全文を読む>