15日に行われた東京五輪の日本代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」女子で優勝した天満屋の前田穂南(23)と、3位の小原怜(29)が18日、所属先の天満屋で社員らに結果を報告した。五輪代表に内定した前田は「2020年に金メダルを取れるよう世界で戦っていく」と1年後の夢舞台へ気持ちを新たにした。

 2人は岡山店(岡山市北区表町)の朝礼で拍手に迎えられ登壇。難波康彦店長から花束を受け取り笑顔を見せた。全競技を通じて岡山勢の五輪代表内定第1号となった前田は「しっかり優勝し(東京五輪の)切符を取ることができてうれしい。たくさんの応援のおかげで最後まで元気に走れた...    
<記事全文を読む>