15日に行われた「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)で東京五輪代表に内定した男女4選手が16日、東京都内で会見し、女子で優勝した天満屋の前田穂南(23)は「実感は少しずつ湧いている。諦めなければ夢はかなうと思った」とレースから一夜明けた心境を語った。

 MGCは20キロ付近から独走し、2位で五輪出場を決めた鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=に4分近い大差をつけた前田。圧勝劇にも「最後の上り坂で思ったより(体が)動かず、悔しさが強い」と振り返った。五輪本番も同じコースを走ることを踏まえ「8月はもっと暑くなる。坂でペースが落ちないよう力を付けたい」と1...    
<記事全文を読む>