五輪の花形競技、マラソン。厳しい残暑となった15日、2020年東京大会の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)で仙台育英高出身の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が2位に入り、男子代表の座を手にした。女子で5大会連続五輪出場を目指した青森・五所川原工高出身の福士加代子(37)=ワコール=は7位に終わり、今大会での代表入りはならなかった。本番とほぼ同じコースで繰り広げられたレースで、東北関係選手の明暗はくっきりと分かれた。

■服部・鍛錬重ね夢舞台

 42キロ手前、服部は日本記録を持つ大迫傑(すぐる)(ナイキ)を抜き返した。デッ...    
<記事全文を読む>