15日に行われた2020年東京五輪のマラソン代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、代表に内定した男女計4選手は25日から、五輪代表合宿に参加する。会場は千歳市で、五輪直前には、競歩や長距離を含む陸上代表の事前合宿も予定。本番は30度を超す猛暑が予想されるが、なぜ比較的涼しい北海道、しかも千歳を選んだのか―。日本陸連が科学的データを基に戦略を練った「暑さ対策」の実践に欠かせない条件がそろっていたことが理由だった。

 「身が引き締まる思い。『東京で結果を残すんだ』という強い気持ちで臨みたい」。MGCで2位に入った鈴木亜由子(日本郵政グループ)はレース...    
<記事全文を読む>