マラソンの東京五輪予選会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑を発着点とし、五輪本番とほぼ同じ42・195キロのコースで開催される。男女ともに上位2人が代表に内定する今大会で女子は12人が出場。実力は伯仲しており、誰が出場権を取ってもおかしくない中、ともに鹿児島県出身で、これがマラソン3戦目となる上原美幸(第一生命)、一山麻緒(ワコール)がその座を狙う。

 (伊藤瀬里加)

 154センチの小さな体を目いっぱい使った大きなストライド、積極的なレース展開…。舞台をトラックからマラソンに変えても、上原のスタイルは変わらない。「理想はぶっち...    
<記事全文を読む>