陸上の日本学生対校選手権大会(インカレ)が12日から4日間、岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で開かれる。活躍が期待される秋田県関係選手の中で、調子を上げているのが女子3000メートル障害に出場する東北福祉大3年の三浦佳奈(20)=明桜高出。6月、昨年から本格的に取り組んでいる同種目で日本学生個人選手権2位に入るなど、着実に実力をつけている。昨年7位だったインカレでは表彰台を狙う。

 5月には日本選手権の参加標準記録Aを突破して6月の本大会に初出場したが、序盤から上位についていけず12位。「何もできなかった。このまま終わりたくないので、来年また挑戦して8位...    
<記事全文を読む>