【東京=越谷奈都美】陸上の世界選手権(27日開幕・ドーハ)男子400メートル障害日本代表の安部孝駿(ヤマダ電機)が9日、東京・日大陸上競技場で報道陣に練習を公開した。2020年東京五輪のメダル獲得を見据える27歳は「自分の計画通りにここまできている。ドーハでは決勝に残り、勝負したい」と意気込みを示した。自身4度目の大舞台で日本勢7大会ぶりの準決勝突破を目指す。

「調整」に手応え 都内で練習公開
 公開練習では、ジョギングやハードルの跳躍動作確認など軽めのメニューで汗を流した。8月下旬から9月上旬にかけて1週間ほど強度の高い練習をこなし、「調整は順調」と手...    
<記事全文を読む>