陸上の世界選手権(27日開幕・ドーハ)女子マラソン代表の中野円花(ノーリツ)が9日、兵庫県明石市の同社明石本社工場で記者会見し、「大きな目標は入賞。世界と戦って次につなげたい」と意気込みを述べた。

 中野は15日にある2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)を辞退して世界選手権出場を決めたことについて「けっこう悩んだが、小さいころからの夢だった世界の舞台に立つことを選んだ」と説明。「ジャパンのユニホームでテレビで見ていたスタートラインに立てるのがうれしい」と声を弾ませた。

 現地の情報は、男子代表の川内優輝の会員制交流サイト(SNS)...    
<記事全文を読む>