陸上の近畿選手権最終日は8日、大阪市のヤンマーフィールド長居であり、女子棒高跳びで那須真由(兵庫・RUNJOURNEY)が4メートル21の大会新記録で栄冠に輝いた。

 ほかに兵庫勢では男子200メートルで田村朋也(住友電工)が20秒67、女子400メートル障害で梅原紗月(住友電工)が57秒70、3000メートル障害で中本香(宝塚高)が10分30秒60と、いずれも大会新記録で優勝。男子1600メートルリレーは兵庫の選手で構成する京産大が3分13秒80で制した。

...    
<記事全文を読む>