先月、大阪市で開催された「全日本中学校陸上2019」の女子100メートル、200メートルで2冠に輝いた松戸市立第五中学校3年のハッサン・ナワールさん(15)と、男子走り高跳びで優勝した同市立小金中学校3年のチュクネレ・ジョエル優人(ゆうと)さん(15)が市役所を訪れ、本郷谷健次市長にさらなる飛躍を誓った。

 ガーナ人の両親を持つハッサンさんは松戸生まれ、松戸育ち。中1から大会3連覇のかかった200メートルは「『勝たなければ』と1カ月前から緊張していた」と打ち明ける。しかし仲間たちにも支えられ「スタートラインに立ったら、勝つという気持ちしかなかった」。向かい風の中、24秒21...    
<記事全文を読む>