男子プロバスケットボールBリーグの開幕を前に川崎ブレイブサンダースの佐藤賢次監督(39)や選手ら五人が二十七日、川崎市役所を訪れ、福田紀彦市長にシーズンに向けた決意を語った。

 日本代表として中国で開催されたバスケットボール男子ワールドカップ(W杯)に出場したニック・ファジーカス選手(34)は「とてもいい経験になった。海外の選手との体格差は埋められないが、自分自身は日本のバスケを変える必要はないと思う。日本チームの優れているところを見つけることが大切だ」と振り返った。

 藤井祐真選手(27)は開幕に向け「W杯の代表選手やけがをしている選手が帰ってきた。新メンバー...    
<記事全文を読む>