10月3日に開幕戦を迎えるバスケットボールBリーグの川崎ブレイブサンダースの選手やスタッフら約40人が26日、川崎市川崎区の川崎大師平間寺で必勝祈願を行った。元沢伸夫社長をはじめ、日本代表の篠山竜青選手が悲願のリーグ制覇に向け、護摩行で燃えさかる炎の前で誓いを立てた。

 必勝祈願には、先日特別にチームに加わった股関節の骨の病気「ペルテス」で療養中の東京都の小学5年生、高見俊翔君(10)も参加した。

 ブレイブサンダースは開幕戦(横浜アリーナ、午後7時5分開始)で、昨シーズンのチャンピオンシップで敗れた宇都宮ブレックスと対戦する。

...    
<記事全文を読む>