バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツにこれまで在籍した選手は約100人。ヘッドコーチ(HC)が思い描く戦術にマッチする選手を獲得し、勝つためのチームづくりを進めてきた。

 今季は「守備能力の高さ」を軸に、前田顕蔵HC(37)らが選手の獲得交渉を進めた。日本代表経験のあるガード・フォワード古川孝敏を筆頭に、伊藤駿、細谷将司のガード陣など5人の獲得に成功。水野勇気社長(36)は「時間的、金銭的に限られた中で上々だと思う」と受け止めている。

...    
<記事全文を読む>