バスケットボールBリーグ川崎ブレイブサンダースの元沢伸夫社長による講演「川崎からバスケットボールの未来を~川崎ブレイブサンダースの魅力について」が24日、川崎市高津区のJAセレサ川崎高津支店で行われた。川崎商工会議所主催で、参加した約40人がプロチームの地域戦略や観客動員策などを学んだ。

 元沢社長はプロ野球横浜DeNAベイスターズで観客数大幅アップの施策を次々と打ち出し、2018年からブレイブサンダースの社長を務める。

 県内72万人の子どもたちに帽子を配ったベイスターズ時代の企画について「数億円かかり、いろいろな方の協力で実現できたが、ち...    
<記事全文を読む>