「あきたにはBがある」

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツが、Bリーグ発足時の2016年に掲げたキャッチフレーズだ。秋田初のプロバスケチームとして誕生し、今年は旧bjリーグに新規参入してから10年目。チームカラーのピンクからハピネッツを連想する人は相当数まで増え、地域に根差した存在へと成長した。チームの歩みや関わる人々の思いと共に、クラブ運営の展望について紹介する。

 ◇  ◇

 今年6月、新ヘッドコーチ(HC)に就任した前田顕蔵氏(37)の記者会見が行われた。水野勇気社長(36)は今季から、激しさや強度を意味する「イ...    
<記事全文を読む>