川崎市に拠点を置くバレーボールVリーグ女子・NECレッドロケッツの山内美咲、塚田しおり両選手と金子隆行監督らが20日、来月12日のリーグ戦開幕を前に川崎市役所を訪れ、福田紀彦市長に3季ぶりの頂点奪還を誓った。

 今季から主将に就任した山内選手は「今季のスローガンは『Connect』(コネクト)。一人一人がつながりを意識して戦っていく。優勝のためにはそれが一番の武器になる」と決意。市立橘高校出身の塚田選手は「多摩区出身で、地元の皆さんに応援していただいていることを胸に、チームに貢献したい」と抱負を語った。

 金子監督は「チームは若返ったが、勝つ...    
<記事全文を読む>