▽攻撃充実でも「守り勝つ」

 ケネディ27・9、トレイラー20・1、エチェニケ19・0、朝山15・4、古野11・7、田中9・8―。各選手が昨季記録した1試合平均得点だ。リーグでも有数の得点力の高い選手がそろい、堀田監督は「どこからでも点を取れるのが強み」と胸を張る。ただ指揮官はその武器を生かしつつ、あくまで守り勝てるチームを目指している。

...    
<記事全文を読む>