バスケットボール男子・Bリーグ2部の2019―20年シーズン(20日開幕)が間もなくスタートする。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは21日に山形市総合スポーツセンターで福島(同地区)との開幕戦を迎え、新たに指揮を執る河合竜児ヘッドコーチ(HC)の下、悲願の1部昇格に挑む。新戦力を含めた今季のチーム戦略を分析する。

シュート力などに優れ、ガード起用が濃厚なトリアン・グラ厶

 ガード陣をはじめ主要選手の多くが残留した山形に、2人の外国人選手が加入した。シューティングガードのトリアン・グラムと、パワーフォワード(PF)兼センター(C)のスティーブン・ハート。ともに日本でのプレー歴は...    
<記事全文を読む>