バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)は14日にシーズンが開幕する。参入2年目の岐阜スゥープスは、ホームのOKBぎふ清流アリーナで今季初参入の佐賀と戦う。昨季達成できなかった「勝率5割」を改めて目指す今季。主将のフォワード中野大介は「5割は最低条件。スゥープスの強みをさらに磨き、ブースターを勝利で喜ばせたい」と意気込む。

 昨季は20勝40敗でトータル6位だったが、長年培ったスタイルを発揮してB2に昇格した東京EXや越谷に勝利し、ガードの田中昌寛は「激しい守備からの速攻は通用した」。一方で、一部選手に出場時間が偏り、攻撃が単調になることも多かった。落慶久ヘッドコーチ(HC...    
<記事全文を読む>