14日に開幕するバスケットボールBリーグ3部(B3)に参戦する静岡市のプロチーム「ベルテックス静岡」の選手らが11日、市役所静岡庁舎を訪れ、田辺信宏市長に初参戦のシーズンへの意気込みを語った。
 後藤祥太ヘッドコーチは「勝って優勝し、市に貢献したい」と意気込んだ。選手会長の大石慎之介選手(飛龍高出)は「ホームだけでなくアウェーのゲームもしっかり勝つ。来シーズンB2に昇格するのが目標」と言葉に力を込めた。田辺市長は「勝って、市民に夢を見せて」とエールを送った。
 シーズンは2020年5月まで。今季のB3は12チームが参加する。ベルテックス静岡は14日、同市葵区の市中央...    
<記事全文を読む>