元銀行員のプロバスケットボール選手が誕生した。Bリーグ2部(B2)仙台の阿部翔太(25)は、仙台銀行を退職後、練習生を経て今季プロ契約をつかみ取った。開幕戦は21日。東日本大震災で打撃を受けた石巻市出身ということもあり、「プレーする姿で被災地を元気づけたい」と意気込む。

 身長190センチの大柄ながら、速攻に絡むことができるスピードが最大の強みだ。開幕へ向けた練習でも迫力のある動きを見せ、レギュラー取りへ必死に取り組んでいる。
 東北学院高(仙台市宮城野区)でセンターとして活躍し、2010年の全国高校選抜優勝大会で同校初の16強入りに貢献。進学した立大で...    
<記事全文を読む>