バスケットボール男子Bリーグの開幕を控え、2部(B2)西宮は8日、兵庫県西宮市の広田神社で必勝祈願した。昨季は中地区3位でプレーオフに進めず、悔しさを味わった。同クラブは現在、1部(B1)ライセンスの獲得が困難な状況だが、谷直樹主将は「B2優勝を目標に頑張りたい」と変わらぬ決意を口にした。

 中国出身で元B1大阪センターの劉瑾ら、新戦力を含む12選手はユニホーム姿で参拝。マティアス・フィッシャー新ヘッドコーチは「チーム全体で一つのゴールに向かう思いが高まった」と話した。西宮の今季開幕戦は21日、西宮市立中央体育館であり、奈良と対戦する。(藤村有希子)

...    
<記事全文を読む>