レバンガ北海道は7、8の両日、バスケットボールのBリーグ1部(B1)川崎とのプレシーズンゲームを北海きたえーるで行う。今季初めての実戦で、内海ヘッドコーチは5日の公開練習のあと、「どんな選手の組み合わせが有効なのかを試合で確かめたい」と話した。

 昨季の川崎は中地区2位。開催中の男子W杯に日本代表で選出されているセンターのファジーカス、ポイントガード篠山の主力を欠くものの、3点シュートの精度が高く、昨季1試合あたり9・2得点の大塚(東海大四高出)が加入するなど戦力は充実している。

 昨季は東地区最下位だったレバンガの橋本は「勝ち方を知っている川崎にどこまで通用す...    
<記事全文を読む>