バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の群馬クレインサンダーズは2日、群馬県伊勢崎市の小泉稲荷神社で2019―20シーズンの必勝を祈願した。選手12人とスタッフ15人が参拝し、21日から始まるホーム開幕戦に向けて気持ちを高めた。

 拝殿で神職が祝詞を奏上し、選手は熱心に耳を傾けた。終了後、佐藤文哉主将は「毎年これ(必勝祈願)をやってスタートという感じがある。もう少しで開幕と改めて感じた」と話した。古牧昌也副主将は「昨季の成績を超えられるよう、一丸で頑張りたい」と意気込んだ。

...    
<記事全文を読む>