10月のBリーグ開幕に向け、レバンガ北海道は9月1日、新千歳空港で決起集会「TIP OFFイベント」を開いた。選手全13人と内海知秀ヘッドコーチ(HC)らスタッフが参加。49歳の折茂武彦は「内海HCのもとチーム一丸で戦って行く」とファン約600人を前に語った。

 明るいグレーの新チームスーツまとった選手たちは、今季の抱負を書いた色紙を手に意気込みを語った。主将を務める36歳のベテラン桜井良太は「若々しく」と書き、「去年はうまくいかないシーズンだった。今年こそは」と説明。多嶋朝飛は「結果」としたため、「チームとしても、個人としても結果を残したいから」と力を込めた。「日々成長」...    
<記事全文を読む>