前節でJリーグ通算100試合出場に到達したDF栗山直樹が記念セレモニーで花束を受け取り、試合に臨んだ。

 J2千葉時代はけがに苦しみ、出場は7試合にとどまった。「何度も辞めようとしたことがあった」というが、周囲に支えられ、在籍4年目の山形で力を付けた。

 J1昇格と「山形での100試合」が次の目標だ。甲府戦の敗戦をかみしめ、「僕にとってもチームにとっても結果を出さなければ、生き残れない時期。両方にこだわる」と自らに言い聞かせた。

...    
<記事全文を読む>