佐藤楓が、第9節の新潟戦以来の出場を果たし、存在感を示した。前半5分、負傷した市瀬に代わってピッチに入った。「(調子は)上がってなかったけれど、今までやってきたことを出すだけだと思ってプレーした」とサイドでの競り合いで相手に負けなかった。
 後半、裏に抜けるのが得意な浜田が入ると、「相手の意表を突くパスをリズム良く出せた」と手応えを口にした。DFのミスが原因の2失点目には反省し、「クロスの対応力が課題。次はしっかり修正したい」と語った。

...    
<記事全文を読む>