仙台は2戦連続のドロー。終盤に追い付いた前節の歓喜から一変、今回は土壇場で逃げ切りに失敗した。「勝たなきゃいけない試合だった」。勝ち点3を奪えなかった結果に、辛島監督はがっくりと肩を落とした。
 ホーム初白星が最後にこぼれ落ちた。2-1の後半ロスタイム2分、自陣左からの相手のスローイン。ゴール前に山崎をフリーにしてしまい同点ゴールを許した。「スローインで1枚守備をはがされた分、一つずつずれて対応するべきだった。勝ち切るだけのプレーが足りなかった」と辛島監督は顔をしかめた。
 守備のずれは前半からあった。安易なパスミスが相次ぎ、ボールを見合ってしまう場面もあった。坂井...    
<記事全文を読む>