長期療養中の子どもをサポートする社会貢献活動の一環として、サッカーJ2・モンテディオ山形に入団した東根市の小学1年富樫陽向(ひなた)君(6)が29日、甲府戦が行われた天童市のNDソフトスタジアム山形で、サポーターを前に今後の目標などを語った。

 東京都のNPO法人が展開するスポーツを通じた事業にクラブが賛同し、今月上旬に入団会見を開いた。富樫君は骨にできる「ユーイング肉腫」で通院治療中。試合前日の28日から活動がスタートし、選手に自己紹介したほか、ボール拾いや道具の準備で選手たちの練習をサポートした。

 この日は試合前にユニホーム姿でピッチに...    
<記事全文を読む>