明治安田J2第34節は28日、各地で7試合を行い、栃木SCは松山市のニンジニアスタジアムで愛媛と対戦、2-3で敗れた。通算5勝13分け16敗、勝ち点は28で順位は21位のまま。

 連勝を狙う栃木SCは前節と同様、FW榊翔太(さかきしょうた)を1トップ、FWヘニキをトップ下に起用した4-4-1-1の布陣。開始直後はセカンドボール争いで優位に立ち、10分にはMF枝村匠馬(えだむらたくま)がミドルシュートを放ち、11分には右クロスにヘニキが頭で合わせたが決まらなかった。

 その後は強固なブロックで相手の攻撃を防いできたが36分、グラウンダーの左クロスを流し込まれ、先制...    
<記事全文を読む>