サッカーJ2は28日、各地で第34節の7試合があった。レノファ山口は山口市の維新みらいふスタジアムでアビスパ福岡と対戦し、2―0で勝利した。勝ち点を39に伸ばし、順位は14位で変わらず。

 山口は後半37分、FW宮代大聖選手のJリーグ初ゴールで先制。試合終了間際にMF池上丈二選手がペナルティーキック(PK)を決めて追加点を挙げた。GK吉満大介選手がPKをセーブするなど得点を許さず、2試合ぶりの勝利をつかんだ。

 次節は10月6日、岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場でFC岐阜と対戦する。

...    
<記事全文を読む>