サッカーJ1松本山雅FCは二十九日の第二十七節、ホームのサンプロアルウィン(松本市)で首位のFC東京と対戦する。ここ五試合は二勝一分け二敗と波に乗れていないが、反町康治監督は「手堅いチーム。カウンターに強みがある」と警戒する。

 FC東京は十六勝四分け六敗の勝ち点52。スピードのあるFW永井謙佑選手と、得点ランキング一位タイ(13点)の同ディエゴオリベイラ選手の2トップを生かした縦への素早い速攻が持ち味。反町監督も「あの二人で局面を変えられる」と率直に認める。

 日本代表経験のあるMF橋本拳人選手やDF森重真人選手らを擁し、守備も堅く、失点数はリーグ二位タイの少...    
<記事全文を読む>