J2水戸は27日、2020年シーズンのクラブライセンスについて、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)から、解除条件付きのJ1クラブライセンスが交付されたと発表した。昨年も同様の申請を行い、認められていた。

 水戸は今季J1昇格の順位条件を満たした場合、来季は笠松運動公園陸上競技場をホームスタジアムとしてJ1で戦う。同条件を満たせなかった場合は、J2ライセンスに変更され、これまで通りケーズデンキスタジアム水戸をホームスタジアムとして使用する。

 27日現在、水戸はJ1自動昇格圏内の2位と勝ち点1差の4位につけている。

...    
<記事全文を読む>