サッカーJ3・ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地となる新スタジアムの整備構想を巡る議論が停滞している。原因は建設候補地の選定が難航しているため。これまでの協議で適地に推す声が多い秋田市八橋運動公園に、設置者の市は一貫して難色を示す。県と秋田市が本年度実施している調査研究の中間報告が25日に明らかになったが前進はなく、議論の先行きは不透明なままだ。

 「これまで検討した内容から全く前進していないのではないか」。25日に開かれた9月県議会の産業観光委員会で、県議から当局に対して疑問の声が上がった。県は「昨年度までの協議で明らかになった課題を解決するための議論を進め...    
<記事全文を読む>