Jリーグは27日、2020シーズンのJ1の参加資格となるクラブライセンスの判定結果を発表し、今季からJ2に昇格したFC琉球にJ1ライセンスが交付された。そのほかFC町田ゼルビア、琉球と同じJ2昇格組の鹿児島ユナイテッドFCもライセンスを取得した。

 琉球の通算成績は9勝9分け15敗、勝ち点36の15位にいる。J1昇格を懸けたプレーオフ参入圏内の6位には勝ち点差は19に開いている。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>