サッカーや音楽を通じて子どもたちが交流する「第6回キッズカーニバルin足利」が、足利市の五十部運動公園で開かれた。約2500人の参加者たちが、サッカーのミニゲームやプロサッカー選手との交流、ビーチサッカー体験、地元高校生による吹奏楽演奏などで、秋を満喫した。市サッカー協会主催。東京新聞後援。

 5人制のミニサッカーは群馬、茨城など他県からの参加を含め約50チームがエントリー。小学6年以下の部、小学4年以下の部、大人と子どもが混在するファミリーの部の3部門に分かれて熱戦を展開した。

 在日韓国人チームに所属する小学6年のパク・テフン君は、水戸市から参加した。「プロ...    
<記事全文を読む>