27日から大蔵海岸(兵庫県明石市)で始まるビーチサッカー国際親善大会を前に、日本代表のラモス瑠偉監督が26日、明石市役所(同市中崎1)を訪れた。ラモス監督は「アジア王者としての誇りを持って戦う。プレーを見に来てほしい」と呼び掛けた。

 ラモス監督率いる日本代表は3月にアジア選手権で優勝し、11月のワールドカップ(W杯)に出場する。国際親善大会は27日午後3時、タヒチ-スペイン戦で始まる。日本は28日午後2時からタヒチ、29日同時刻からにスペインと対戦する。観戦無料。

 会場となる大蔵海岸についてラモス監督は「最高の景色と砂がある。日本の子どもたちにビーチでの遊び...    
<記事全文を読む>