北海道コンサドーレ札幌は、28日のアウェー・鹿島戦に向けてミニゲームなどを行った。MF荒野拓馬(26)が2戦連発に意欲。ピッチを縦横無尽に駆け回り、積極的な攻撃参加でチームに勝利をもたらす。

 荒野が鮮烈弾を再現する。前節・仙台戦では一時同点に追いつくミドルシュートをペナルティーエリア外から豪快に叩き込んだ。「(前線に)飛び出していくところや、ミドルシュートは自信を持ってプレーできている。味方も前回決めたことでパスをくれると思う。チャンスがあれば狙いたい」と自信を見せた。

 プロ8年目で生まれた待望のJ1初ゴールは、努力のたまものだ。「自分はピッチを広く走り回る...    
<記事全文を読む>