川崎市中原区の葬儀社「花葬(はなそう)」(大屋徹朗代表)は、サッカーJ1川崎フロンターレがホームゲームで一勝するたびに、市に車いす一台を寄付する活動を始めた。十四日にホームの等々力陸上競技場であったジュビロ磐田戦で勝利し、二十五日に多摩区の特別養護老人ホームしゅくがわらで初めての贈呈式が開かれた。

 市によると、花葬から今年八月、フロンターレのオフィシャルスポンサーにちなんだ地域貢献として、特養などに車いすを寄贈したいと申し出があった。

 この日の寄贈式で、花葬の崎口雅子さんは「地域密着の企業として、いろいろな施設に寄贈したい。みんなでフロンターレを応援しましょ...    
<記事全文を読む>