広島市中区の中央公園自由・芝生広場でのサッカースタジアムの建設計画で、広島県や整備主体の広島市は近く、県民や市民に幅広く意見を募るインターネットアンケートを始める。湯崎英彦知事は25日の県議会一般質問で「幅広く意見を集め、施設の検討を進めていく」と答弁した。

 県によるとアンケートでは、スタジアムや敷地内の広場にどんな機能が欲しいかなどを尋ねる。県などは試合がない日にもスタジアムを利用してもらうための多機能化や、広場の複合開発を探っており、意見は本年度中にまとめる基本計画の作成作業に役立てる。

 造園やイベント会社など県内外の民間事業者を対象にした聞き取りにも着...    
<記事全文を読む>