J2アルビレックス新潟は23日、今季途中まで監督を務めた片渕浩一郎ホームグロウンコーディネーター(44)が退任し、J1鳥栖のコーチに就くことが決まったと発表した。鳥栖は同日、片渕氏がヘッドコーチに就任すると発表した。

 片渕氏は佐賀県出身。新潟で現役を退いた片渕氏は下部組織の監督などを経てトップチームのコーチ、ヘッドコーチに就任。2016年から3年連続で、シーズン途中の監督交代による指揮を引き継ぎ、チームの立て直しに尽力した。今季は成績不振を理由に4月に監督を解任され、7月に現職に就いていた。

 片渕氏はクラブを通じ「新潟を離れる決断をした。...    
<記事全文を読む>