サッカーのカンボジア代表ら10代の選手3人がJ1仙台のユースチーム(18歳以下)で研修している。練習参加などを通じて最先端の技術や育成システムを学び、母国のサッカー界の将来を担う人材を育てるのが目的。仙台ユースも選手の国際経験を積む場として期待する。

■母国の将来背負う糧に

 参加しているのは、16歳で代表デビューを果たしたFWスイング・チャンティア(17)、共にU-19(19歳以下)代表のGKライティ・チャンタ(18)とMFイアン・ピセイ(17)の3選手と代表コーチのサボン・ベンタさん(29)。仙台と日本サッカー協会の招きで来日し、仙台ユースの寮で生活しながら...    
<記事全文を読む>